HOME > 商品情報超高・高真空用バルブ次世代型ゲートバルブ

次世代型ゲートバルブ
Next Generation Gate Valve

次世代型ゲートバルブ
 
 

Rollcam と True-L の相違点

・ Rollcamの弁体の軌跡

弁体はシール面直下の軸を中心に回転移動する

Rollcamの弁体の軌跡   Rollcamの弁体の軌跡
シール材接触時は、垂直に接触する
 

・ True-Lの弁体の軌跡

弁体が水平に移動する

True-Lの弁体の軌跡

・シール材に不要なチカラを与えない

・パーティクル発生の抑制

 

電動化のメリット

1)プロセスに合わせた速度制御

  • シール材の貼り付きを考慮した緩やかなOPEN動作「③」
  • Motion開始時&完了時の加減速制御「①②④」

・振動発生の抑制

振動発生の抑制

2)Multi Seal機能

逆圧(メンテナンス時)と同圧(生産時)でシール材の潰し量を制御

・シール材の延命化

ニューマチックでは、逆圧時に潰し量が⼩さくなります。
シール性能を維持するため予め⼤きな潰し量が設定されています。

3)Valveの異常停⽌防⽌による生産の継続

振動センサーとモータートルクをコントローラーへフィードバックすることで異常を検知

・予防保全機能搭載

4)多種通信仕様(EtherCAT®)に対応

5)装置上の他機器とのstatus共有による生産性UP

・IoTに対応

 
カタログ
 
 
超高・高真空用バルブの簡単見積依頼はこちら  
 
お問い合わせ