HOME > 会社情報沿革

沿革
Company History

 
1949年5月 岸川光男が有限会社岸川バルブ製作所を創業。ペニシリン製造装置用弁、真空弁、遮断器用弁、変圧器用弁を製作
1956年4月 合繊用バルブを開発し、製作販売を開始
1959年8月 株式会社岸川特殊弁製作所に改組
1961年9月 東海工場第1期建設工事を完了
1963年6月 ラプチャーディスクを完成
1966年8月 科学技術庁より原子力平和利用委託研究(高速増殖炉用Na弁)の試作品を完成
1967年3月 大阪営業所を開設
1970年4月 東海工場第2期工事を完了
1971年6月 東京工場生産設備を東海工場に集結
1973年4月 本社を東京都品川区南大井の現在地に移転
1974年8月 東海工場第3期建設工事を完了
1977年10月 核融合(臨界プラズマ実験装置JT-60)用超高真空バルブの研究開発に着手
1979年3月 東京電力福島6号機、主建屋用ブロウ・アウト・パネルを製作、納入
4月 株式会社岸川特殊バルブに商号を変更
1980年8月 東京電力福島第二原子力発電所1号機用弁を納入し原子力商業発電用弁の製作に本格的に進出
9月 東北電力女川原子力発電所1号機、東京電力福島第二原子力発電所3号機、同柏崎原子力発電所1号機用弁を納入
10月 核融合“全金属製超高真空バルブ”の開発に成功し、日本原子力研究所、㈱日立製作所により、JT-60における採用が決定
1981年1月 東海工場内のラプチャーディスクの専門生産および検査設備を統合整備
2月 中小企業庁より“核融合装置用超高真空バルブ”の新技術開発融資対象企業に認定
7月 クリーンルーム建設を完了
1982年7月 東海工場第4期増設工事を完了
10月 JT-60真空容器ポート用ゲートバルブの第1次発注分を完納
1984年10月 “全金属製超高真空バルブ”の開発に対して、日本真空協会より第9回真空技術賞を受賞
1986年10月 全金属製高速遮断バルブ(FCV)を開発し、製作販売を開始
1987年6月 全金属二重膜シールゲートバルブ(AI)を開発し、製作販売を開始
1989年12月 無摺動バルブを開発し、製作販売を開始
1990年7月 FEL用超短パルス電子銃を製作
11月 東北大学との共同研究によりウルトラクリーン振り子式ゲートバルブの開発に成功
1992年11月 日立造船グループに入る
1993年9月 Spring-8用バルブとしてオールメタルゲートバルブ、アングルバルブを受注
ユニカムゲートバルブの開発に成功し、販売を開始
1996年9月 ドアバルブの改良開発に成功
1998年4月 社名を株式会社ブイテックスに変更
8月 ISO9001を認証
1999年6月 日造精密研磨株式会社を傘下に入れる
2001年7月 ペンドロール弁の商品化に成功
2003年9月 茨城県常陸大宮市に「大宮作業所」を開設
10月 ISO9001:2000登録
2004年6月 韓国にクリーンルーム新設
2005年1月 韓国京畿道城南市中院区大院洞に韓国支店開設
2006年2月 太陽光パネル製造装置用バルブ「BOXER」を開発
6月 東海工場にクリーンルーム棟新設
7月 日造精密研磨株式会社を売却
2007年9月 新型工作機械3台を導入
2008年3月 新型工作機械2台を導入
2008年12月 自社製APCコントローラーの開発
2010年7月 韓国支店を京畿道安山市壇園區城谷洞に移転
2011年7月 2億円増資(資本準備金1億円含む)
2012年1月 4億円増資(資本準備金2億円含む)
2012年2月 韓国現地法人「V TEX KOREA Co.,Ltd.」設立
2012年7月 2012年7月 東海工場においてISO14001:2004の認証取得
2014年12月 米国現地法人「V TEX America inc.」設立
2015年1月 ラプチャーディスク用にASME(UD)スタンプ取得